手間いらず!ねずみ駆除に最適な超音波駆除器の特徴

ねずみ駆除グッズと言われて、まず浮かぶのがゴキブリホイホイなどに代表される粘着シートや、毒だんごなどでおなじみ殺鼠剤、バルサンなど燻煙式ねずみ駆除剤が多いのではないでしょうか。いずれも即効性があり、早い段階でねずみを駆除することができます。

しかし、燻煙式の場合は数時間家を空けなくてはならず、ペットや小さなお子さんがいればそもそも不可能、毒だんごなども危険です。粘着シートや殺鼠剤に関しては、ねずみを捕らえたは良いものの、定期的にチェックして捨てなければならないし、死骸を放置すればそこが病原菌の温床となる恐れもあります。



そういった、デメリットを一切排除したのが超音波ねずみ駆除器です。

超音波ねずみ駆除器の特徴としては、ねずみの嫌がる音・音波を発する仕組み。

nanapiについての知識を高めてもらうためのサイトです。

必要なものはコンセントのみで、部屋の真ん中に設置するだけという簡単なもの。
ねずみの嫌がる光を放つLED式のものもありますが、これは壁や天井によって遮られるという弱点がありますが、音の場合は障壁を通り抜けて浸透するため、逃げ場がありません。


もちろん、人間には害がなく、聞こえない音域の音であるため、安心してください。
大きなメリットとしては、超音波式のものの場合、ねずみが嫌がって逃げていくため、ねずみの姿を見たり、直接処分する必要がないということです。


ねずみが苦手な方にはうってつけです。



ただ、どうしても効力は2週間から1ヶ月かかるため、できるだけ早く導入すると良いでしょう。


労力を要せずして撃退できるのであれば、一旦試してみても損はありません。